トウショキッズ 東書KIDS

  • HOME
  • みなさまへ
  • 保護者の方へ
  • 先生へ
花ちゃん・オー君・モンタ博士のてくてく自然散歩シリーズ
1.身近みぢか自然しぜん観察かんさつ
 (4)生物せいぶつ日本人にほんじんのかかわり
2.植物しょくぶつ世界せかい
 (4)被子植物ひししょくぶつ単子葉類たんしようるい)のなかま
 (9)わあたのしい! 草花くさばなあそびの世界せかい
(584)ササのでササ舟作ぶねづくほか
写真1
クマササ
写真2
ヤダケ
写真3
スズタケ
花ちゃん
「モンタ博士(はかせ)! これらは,全部(ぜんぶ)ササの()ですね。」

「そうだよ。ササの()だね。ササの種類(しゅるい)というのはね,とってもたくさんあってね,日本(にほん)だけでも(こま)かく分類(ぶんるい)すると,400種類もあるそうなんだ。」
モンタ博士

花ちゃん
「そんなにたくさんあるんですか。()()けるのもむずかしいですね。」

オーくん
今日(きょう)は,ササのお(べん)(きょう)ですね。ササの種類(しゅるい)はいっぱいあるんですね。あんまりむずかしい(せん)(もん)(てき)なお(はなし)は,どうも,ちょっと(にが)()です。」

「そうだね。(しょく)(ぶつ)(がく)(てき)なお(はなし)(ぶん)(るい)については,もう(すこ)(おお)きくなってからでもいいと(おも)うよ。」
モンタ博士

花ちゃん
「そうですね。そのとおりですね。」

「みんなはね,(ほん)()んでいろいろな知識(ちしき)()るよりも,植物(しょくぶつ)()たりさわったり,においをかいだりと,いろいろな体験的(たいけんてき)活動(かつどう)をすることが大事(だいじ)だと(おも)うよ。」
モンタ博士

オーくん
体験的(たいけんてき)活動(かつどう)・・・というと,(なん)だかむずかしい(かん)じもしますが・・・。」

「そんなことないよ。つまり,あれこれいじったりさわったりして『(あそ)ぶ』ということだよ。」
モンタ博士

オーくん
「そうか。(くさ)(ばな)(あそ)びは(たの)しいよね。ぼく大好(だいす)きだ。」

「それでは,今日(きょう)はササを使(つか)ってみんなで(あそ)ぼう!」
モンタ博士

花ちゃん
「うわあー。(たの)しそうですね。やりましょう! やりましょう!」

オーくん
「それでは(なに)をどうやって(あそ)ぶのですか。」

「ここに一枚(いちまい)のササの()があるだろう。これを使(つか)って『(ふね)』を(つく)ろう。」
モンタ博士

オーくん
「ササで(つく)る『(ふね)』? そんなことができるのかな。」

花ちゃん
(わたし)()たことあるわ。でも,(つく)(かた)かりません。」

「それでは,(いま)から(おし)えてあげるね。まず,(1)のようにササの()用意(ようい)してごらん。(つぎ)(2)のように()のはじっこを()って,それから,()(なか)(しゅ)(みゃく)という(ふと)くなっている部分(ぶぶん)(のこ)して,その片方(かたほう)(すこ)しさいてみよう。つまり,(3)のようにするんだよ。」
モンタ博士

写真4
オーくん
 「こうかな,こうかな。」

「その調子(ちょうし)だね。うまいぞ,いいよ,いいよ。」
モンタ博士

花ちゃん
「それからもう片方(かたほう)もさいたら,どうするのですか。」

()(4)のように(みっ)つにかれたね。そしたら,これからがちょっとむずかしいけどね,どちらでもいいけど,はじの()反対(はんたい)の葉の(あいだ)()れるんだよ。写真(しゃしん)(5)のようにするとね,(6)半分(はんぶん)完成(かんせい)だよ。」
モンタ博士

写真5
花ちゃん
「ちょっとむずかしいけど,(おし)えてもらえば,すぐにかりますね。」

「そうだね。そうやって,(ひと)から人へと(おし)()うのがいいね。草花(くさばな)(あそ)びって,コミュニケーションしながら遊べるからいいんだね。」
モンタ博士

オーくん
反対側(はんたいがわ)(おな)じようにやればいいのですね。」

「そのとおり。だんだんと上手(じょうず)になっていくね。(はじ)めはうまくいかなくても,やっていくうちに,(すこ)しずつコツを(おぼ)えていくんだね。これも,(くさ)(ばな)(あそ)びの(たの)しみでもあるね。」
モンタ博士

オーくん
不思議(ふしぎ)ですね。本当ほんとうに不思議ですね。」

花ちゃん
(なに)がどうしたの,オー(くん)。」

オーくん
「たった一枚(いちまい)平面(へいめん)()っぱだったものが,立体(りったい)になるなんて,とてもすてきですね。それにおどろきです。」

「そうだね。(みち)ばたや,野山(のやま)のあちこちにふつうにある植物(しょくぶつ)でも,ちょっと()(くわ)えたりするだけで,おもしろい(あそ)びができるんだね。」
モンタ博士

花ちゃん
「ほんとうにそうですね。草花(くさばな)(あそ)びって,ほんとうに(たの)しいものですね。」

オーくん
「できあがりが(7)ですね。(8)(みず)()かべたササ(ぶね)完成(かんせい)でーす。」

写真6
「ササ(ぶね)ができてよかったね。でも,ササの()で,こんなこともできるんだよ。これはね,おすし屋()さんで(おそ)わったものなんだよ。ササの工作(こうさく)? といっていいかな・・・。」
モンタ博士

オーくん
工作(こうさく)・・・ですか。」

「ササの()とハサミがあればいいよ。でも,()(もの)使(つか)うから(じゅう)(ぶん)(ちゅう)()しよう。」
モンタ博士

花ちゃん
「どんなふうにやるのですか。」

「まあまあ,()ていればかるよ。さあ! こうやって,こう()って,ハイ! できあがり。バランの完成(かんせい)です。」
モンタ博士

バランについて
 (みぎ)写真(しゃしん)(9)のようなものを()たことはありませんか。コンビニのお弁当(べんとう)などによく(はい)っていて,バランというものです。(いま)(うす)いプラスチック材質(ざいしつ)のものですが,(もと)は,ハランという植物(しょくぶつ)やササの()(もち)いて(つく)ったそうです。(むかし)寿司(すし)職人(しょくにん)料理(りょうり)(にん)は,おかず同士(どうし)(あじ)(うつ)りを(ふせ)ぐため,また,お弁当(べんとう)などに(いろど)りを()えるために(つく)ったそうです。いろいろと工夫(くふう)して(つく)ってみたものを以下(いか)紹介(しょうかい)します。
   てくてく自然散歩シリーズ
このページの先頭へ